費用や目的に合わせてペット葬儀を行ないましょう。

火葬の種類やペット霊園について

愛犬との別れ~ペット葬儀を執り行ないましょう~

犬

ペット葬儀にはいくつか種類があります。大切な家族でもあるので火葬後は返骨を希望する人も多いでしょう。ここではまず、返骨が可能なペット葬儀について説明していきます。

返骨が可能なペット葬儀の種類

一任個別火葬
一任個別火葬ではペットを個別で火葬することができますが、火葬の際に立会うことはできません。ペット葬儀業者が代わりに骨壺に遺骨を納め、返骨したり納骨堂に納めたりします。時間を拘束されない分、立会火葬に比べて料金が安価になっています。全部の遺骨を返してもらうのか、一部だけにするかについてはペット葬儀業者によって対応が異なるため、事前に確認しましょう。
立会個別火葬
立会個別火葬の場合は、お別れから火葬まで立会うことができます。個別で火葬し、立会った人たちで遺骨を骨壺に納めます。人間の火葬とほとんど変わらず、遺骨は返骨するかペット霊園の埋葬、納骨施設などが選べるようになっています。料金は最も高価に設定されることが多く、火葬料金とは別に骨壺代や立会費などがかかることもあるので注意しましょう。
訪問火葬車での火葬
訪問火葬とは、訪問火葬車による出張火葬のことをいいます。自宅の駐車場や近辺で火葬を行ない、遺骨を骨壺に納めます。この方法を行なうペット葬儀業者は最近増えており、料金はペット葬儀業者によって幅があるのでしっかりと確認することが重要です。遺骨はペット霊園の埋葬、納骨施設などが選択できます。火葬車はトラックタイプから軽自動車タイプまでと、さまざまです。

火葬を行なう際は副葬品に気をつける

ペットをお見送りする際に副葬品も一緒に火葬する人はいます。副葬品が多いと遺骨を綺麗に残すことが困難になり、遺骨と灰の選別が難しくなる場合もあります。火葬に不適切な副葬品を入れてしまうと、公害問題が起こることもあるため、必ず事前に材質を確認して利用する施設やペット葬儀業者にも相談しましょう。

火葬後の対処~ペット霊園について~

ペット葬儀での火葬だけではなく、その後の対処が気になる人も多いでしょう。ここではペット霊園についての説明をしていきます。

ペット霊園は3つに分類される

共同墓地(合同供養)
他のペットと一緒に埋葬する共同墓地になります。多くのペット霊園が備えており、安い費用で利用することができます。合同壇にはペットの名前が書かれた塔婆が立てられたり、定期的に合同慰霊祭などが行なわれたりします。
個別墓地
屋外の一定の敷地に骨壺ごと埋葬します。自分だけのペットのお墓を単独で設置できることから、費用は高くなります。場所をとって設置するので対応しているペット霊園は限られています。
納骨堂
屋内に納骨堂を設置しているペット霊園は増えているため、利用しやすくなっています。ロッカー式と棚式があり、低コストのものから数十万の豪勢なものまで幅広くあります。火葬後1~2年は無料で利用できるところから、年間の維持費が数万円かかるものまであるので確認しましょう。
TOPボタン